読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱられるぱられるルルルルルー

プリンセスたちを応援しています

ちなジャッキーとキキジェラルドと時々パーチェスター(サイコパス)

 

未だかつて、1幕冒頭からフィナーレまで、こんなにも徹頭徹尾イチャイチャしていたジャッキーとジェラルドが存在しただろうか。
ビルとサリーが見劣りしたとかそういうことは全くないのだけれども、ジャッキーとジェラルドから「ふたりでいればどこでもハッピー」感が出てくる斬新すぎる役作りであった。

正直に申し上げてBパターンはちなジャッキーさんの長くて美しすぎる脚のことしか考えておらず!ジェラルドとのカップル模様なんてまあ本当に興味ねえわ!イェーイ!くらいのことを思っていたし、史上初めてビルがジャッキーと結婚しちゃう可能性すらあるぞとちなアルジーさんとアーネストを見ながら真剣に思ったくらいだったのに、幕が上がればキキジェラルドとちなジャッキーによる双子シンメの愛の物語でした☆゚'・:*:・。・:*:・゚'☆キラキラ~

ジェラルドとジャッキーって、ジョン卿&マリアより若い分フットワークが軽めなだけで基本的には貴族社会に縛られていて(自由恋愛ではなくいとこ同士で婚約しているという意味で)、それを当然だと受け入れている=「貴族らしい」男女だと思っていたのだけれど、Bパターンの二人は「昔から決められていた婚約者だったから」っていう感じがあまりなく、「あっ、この人たちナチュラルに恋愛関係なんだな」というのが節々から伝わってきてとても新しかった。
貴族の子女として家を守ることが目的の婚約をしている二人なんだけど、自由恋愛としても好き合っていた。
いつものジェラルド像というのは、ジャッキーのことが大好き!という感情よりも婚約者だったのに取られちゃう!みたいなレールから外れることを嫌う気持ちが大きい印象なのだけれども(マイティはそれがとても上手よね)、キキジェラルドはちょっとジャッキーのことが好きすぎたね。笑
タソのおっしゃるとおりでござった。笑
今までのジェラルド像は、「自慢の婚約者だったジャッキーをとられちゃう!どうしよう!」なんだけど、キキジェラルドは「ジャッキーは僕の女の子なのに!!!!どうしよう!!!」なんだよね。
一方のジャッキーの方もジェラルドが好きだから選んだのではなく、自分が幸せになるための用件が揃ったから結局ジェラルドに着地するイメージだったけれど、今回はビルにフラれる前、ジェラルドから借金がなくなったと聞かされた時点で「じゃあジェラルドと結婚してもいいってことね☆ワァイ」って心変わりしていそうなくらいにはずっとジェラルドのことを好きだった。笑
今月号の歌劇によると、演じてるご本人も「ジャッキー本人は気付いていないかもしれないけれどジェラルドは安定剤みたいなものでなくてはならない存在(要約)」らしいので、作戦通りに演じてそれで私はまんまとキャーキャーしていたようですね。。。
してやられた・・・・・

Bパターンは、ジェラルドとジャッキーがふたり一緒にハケていくときはジェラルドがジャッキーの手をひいて去っていくし、基本的にジャッキーがジェラルドを拒むことって全くないし、隣にいるとすぐ寄り添っちゃうので、あーこれは恋だ。ふたりは恋をしている。って思わざるを得ないよ…最高かよ…こんなジェラ×ジャク初めてだよ…。
ヘアフォード家のパーティーのときエンドレスでイチャイチャしてるよ…。
私そもそもが主人公カップル以外に夢中になりがち(天ないだったらタキガワマンと志乃ちゃんとか…)なので、もう好きすぎてつらい(;∀;)www

これまで、ジェラルド=心穏やかなクズ&ジャッキー=とてつもなくチャーミングなクソ女だと思っていたんだけど、Bパターンを見た後だと役の印象が変わってきた。
Bパターンはヘアフォード家が全体的にAパターンより年齢層が上の設定のように感じて、一家の皆さんが登場する階段上のところでじゅりあバターズビー夫人とにこやかにお話しているジャッキーちゃんも、Aパターンではアクセサリーやらお花やらの話をしていそうなきゃぴきゃぴるんるんだったのがBパターンではどうも知的なアラサーっぽく見えて、「こ、これはもしかしてERO賢いというジャンルでは」と開始早々大パニック。
それにしてもちなジャッキーさんはため息が漏れるほどに立ち姿がお美しいね。
あのダッセェピンクのジャケット×ワンピースを完璧に着こなしていた…。
その後の衣装どれも全部素敵に着こなしていて、ハァ~~~~~~惚れ惚れしゅる~~~~~って涎をたらした。
お人形さん通り越してfigma製のフィギュアだった。しかもコードギアス作画。
もしやちなさんもキャラクターデザイン:CLAMPなのか。
そういえば日ごろの男役化粧もCLAMP顔っぽいな。

ちなジャッキーさまってば、何も知らない人が見たら普段あんなにおヒゲの似合う男役だなんて信じられないんじゃないかと思うくらいに女声での歌も無理がなくて、一事が万事ずっとはゎぁ…(*´ρ`*)って顔で見てた。
いやー本当どこのスーパーモデルかと思う外見であの声は女役として完成度が高すぎた。
「自分のことだけ考えて」も歌声にちっとも不安がないし、動きも軽やかで、マイティになってお姫様抱っこやらリフトやらをしながら「まろんは軽いな、羽根が生えてるみたいだ」と言いたい気持ちだった。
まあでもリフトはまだちょっとスムーズさにかけるかもなあ…乗ってからは綺麗なんだけど取っ掛かりの一瞬が引っかかってるように見える気がする。なんというか、よっこいさー!の瞬間が分かってしまうというか。
こればっかりは叶うものならAパターンのリフト担当仲買人さんにやっていただきたいものだけど、同じ人が同じ人をリフトするのは出来ないというこの世の常識がつらい。。何言ってるか自分でもワキャラナイ!!

「指輪だらけの」「目には皺」のところ、ジャッキーがスゲェいいドヤ顔でジェラルドをおちょくってて、一応このナンバーって婚約破棄を切り出すシーンなはずなのに「いつまでも遊んでばっかりいるなら私ほかの人と結婚しちゃうわよ?いいの?」っていうやや意地の悪いかわいい痴話げんかにも見える。
「いいから見ててごらん」って言いながらジェラルドを指差して追いつめるところだってツンケンはしつつもどこか「私ほんとはモテるんだから!」感があるし、もはや「離さないでねずっと つかまえていてよずっとじゃなきゃあたしどっかいっちゃうよ?byガゼット」感すらある。
そう考えるとミーマイ全2幕においてのジェラルドとジャッキーは、ビルという新参者を利用した壮大なプロポーズ大作戦でもあるね…ハレルヤチャ~~ンス。

とまあ、しょっぱなから全力のイチャつきモードで飛ばしてるキキちなさん、ビルがお邸にやってきてからもジャッキーはともかく、ジェラルドはジャッキーの一挙一動にいちいち顔で猛抗議していてとても可愛い。
ジャッキーは最初、ランベス丸出しのビルに「なにこの人!」って顔してるのに、だんだんとビルがお育ちは貴族じゃないにせよ頭はキレるタイプと察知して、品定め顔から「アリかも☆」って表情にちょっとずつ変わっていくのが芸が細かくてちなさん計算高い!好き!!!と心の中で拍手した。
それにしたってついこないだまでチョイ悪貴族のアルジャノン(指輪がえろいことでおなじみの…)やイケメン執事のレインやってた人とはとても同一人物には見えなかった…メタモルフォーゼすぎる…。
れいパーチェスター(どう考えてもサイコパス)の「お邸の弁護士」のときには、セルフハウリングに耳を塞ぎながらきゅーっておめめ閉じてるのがかんわいいし、動きがきゅるんきゅるんしてるし、もらったお花を見てぱぁって笑ったりクンクンしたりでもうょぅι゛ょが過ぎた。死ぬ。
我は大きいショタが好きだが大きいょぅι゛ょも好きだ。
最近の大ヒット作はたぃぴちゃん(実は結構大きい)による「ぁたち頭パンクしそう」(しかしビジュアルが最低最悪)。
かめなしくんの中には女性も住んでるそうですけど、たぃぴちゃんの中にはょぅι゛ょが住んでるよ。
歴代ジャッキーの中ではビジュアルはアダルトなのにちょっとした動きや表情が意外とょぅι゛ょっぽいので、肉食だしなんか怖い雰囲気の凄みもあるけど可愛いという繊細なバランスで成り立ってたような気がした。
アラサー美淑女のジャッキーがそのくせとてもぺろかわょぅι゛ょの極みなのがランベスウォーク!(のちょっと前)
ランベスの仲間たちがどーっと入ってきて貴族の皆さんが階段にきゅって固まるところで、ジャッキーちゃん結構ビビりなので一瞬「あばばば!」ってびっくりした顔で固まっちゃって、それをサラリとかばうようにして階段までエスコートするジェラルドにきゅんとしたし、ランベスの人たち(主にあかりちゃんとクイーンマイティ)を相手に説教を食らわしまくりつつもジェラルドのことをひしとつかんで(そして盾にして)るジャッキーちゃんのかわゆさには眩暈がした。
Aパターンをしばらく見ていないのでここのアドリブがどうなっているかは分からないけれど(キャトルdeトークによるとAパターンでも葡萄狩りはあるらしいが)、Bパターンはとにかく葡萄を狩るあかりちゃんvsジェラルドに葡萄を食べさせないちなジャッキーさんの特に意味は無いキャットファイト小芝居が非常におもしろいのでオススメです(?)。
ちなジャッキーさんは、先にジェラルドが楽しそうな雰囲気に負けて踊りに行っちゃってもう!!ってぷんぷんしてる時にふらっとやってきたひらめちゃん(多分)ときゃっきゃした後、元気で可愛くはつらつとしたランベス少年つかさに手を引かれて上手側に誘拐されていき、そこで振りを教えてもらってから楽しく踊りだすんですけど、ちなジャッキーとつかさの「きみはペット」スピンオフあるで!!!!っていうくらいつかさが可愛いです!お!ね!ショ!タ!!!!!!!!
ロング丈のドレスのまま歩いたり踊ったり小走りしたりで裾捌き大変だろうなあと思うのですが、何をやってもエレガントお美しい!本当に普段男役なの?!w
でも何故だか踊っているときの手の振りはちょっとあどけなさがあってやはりジャッキーちゃんはょぅι゛ょなのでした。尊いですね。

さて、ょぅι゛ょの話しすぎてジャッキーといえば!の最大の見せ場をすっ飛ばして1幕を終えてしまったので、ちょっと時間を戻してマナーレッスンのお時間の話を。
極めて端的にまとめると、脚がすごい。
他もすごいけどとにかく脚がすごい。記憶をすべて持っていく凄い脚。
ななおより長いかもしれない凄み。
我らがトップスターみりちゃまは出来るJr.略して出来ジュなので、かれーちゃんのときにはチラ見せのガウンの下の脚を、まじでまじで付け根まで御開帳してくれる。尊い。ありがとうみりちゃま。心得ている方の紳士だ。
今回上から下までみりちゃまが御開帳してくれたおかげで気付いたんだけど、ちなさん脚長いのは知ってたけど膝上が長いのね。
そういえばちなジャッキーちゃん割ときちんとヒールのある靴を履いてるのに(多分キキジェラルドが大きいから)、マナーレッスンのところだけ「ちゃぴしか履かんわ!」系のぺた靴だったので乙女心を感じました……ビルちっちゃいからね…
でも出来ればあの場面こそサディスティックピンヒールを履いていただきたい良い脚です。
付き合いの長さなのか、お芝居センスが似ているからか、台詞のやりとりもとても自然で阿吽の呼吸でした。
「貴方が広場で私にキスするのよ」をビルが復唱した後にふたりで「ん?」って顔で見つめあうところなんてとても可愛かった~。結婚しろよ~。
ビルによる復唱への反応って各ジャッキーで違ってキャラクターが出ますね。
みんな違っておもしろい。
れいちゃんジャッキーの「え?いまなんて言ったのー?」顔も可愛いし、かつてのみりジャッキーの「もぉ~~違くて~~><」ってのも可愛いし、ちなジャッキーの「ん?(このイケズめ…!)」も可愛い(しかし強そう)。
ソファの場面は脚全見えは本当は失敗らしいけど、出来るものなら毎回失敗してほしい。熱烈にそう思う!!!!!!!
サリーの「どうぞよろしく!ッシャァ!」と同じテンションでガッツポーズしそうになる。双眼鏡重過ぎて出来ないけど!
いつだったか観に行ったとき、これは完全にハプニングだと思うんだけど、曲終わりでソファの背もたれに寝そべって逆側に落ちなきゃいけないみりおちゃんがジャッキーの上に落っこちそうになって、「あなたは林檎わたしの手で揺さぶれば私の上に落ちるわ」そのものの展開になりかけて危なかったー笑
面白いから一回くらい落ちてみて欲しかったけどね、正直に言うと。ここのナンバーでビルを娘役みたいにして組むところあるじゃないですか、あそこのちなジャッキー異様にイケメンでしかも多分ちょっとキザっててすんごい面白い。
アーネストではみりちゃまが根性で娘役のように腕を組むことを拒否していただけに、今回は男女役は逆だけれどみりちゃま振り回せて良かったなと思いました。笑
あとは、お膝の上にビルを座らせて後ろから抱き着いてるときの顔がょぅι゛ょ度高くて良いです。
みりちゃまが心底顔が小さいために若干の処刑感あるけどな。
マナーレッスンの後のジェラルドとサリーがやってくるシーンでの花乃ちゃんサリーとのやりとりが可愛くて可愛くてねえ~~~~~
れいジャッキーvsサリーのキャットファイトも可愛いけれど、私の方がオトナですからっていう余裕をかまして始まったバトルに裾の綻びのせいで敗北するちなジャッキーさんのぷんすかぶり。ょぅι゛ょか!
基本的には、知らない人が見たら元々娘役さんなのではと思うくらい自然にレディ声なのにサリーとの言い合いのところで時々凄む声だけが男役でオォッ!ってなりますね。
でもょぅι゛ょです。
イケボのょぅι゛ょ
ぐぬぬ~~~ってお顔で退場してビル&サリーのHOLD MY HANDS後に再登場するときのベビーピンクのサテンのガウンも可愛いし、右手にハンカチ持ってサリーのことべしべししながら追いやって、扉のところで突き飛ばしてから走り去るの超かわいい。ょぅι゛ょの極み。
(だめだ結局ょぅι゛ょから離れられない…)

マナーレッスンが終わるとしばらく時間があきまして。
パーティー前にお邸の窓から見えるちなジャッキーさんはハズレがないよ!
パーティーの準備中の鏡を持っておすまししてる顔も、「パーティーよ」ってジェラルドに言い返す顔もかわいい。
先に言っちゃうとランベスウォーク後にお邸の右下の窓の最前で頬杖ついてにこにこ歌ってるのが超可愛い。
東宝であそこの写真出してくれたら四つ切で買うのも辞さない。

話を戻しますが、2幕終盤でジェラルドに「男性の寝室に行くなんて」と止められて「それもそうね」とあっさり納得するジャッキーさんですが、なんであの場面のジェラルドは身支度中のジャッキーと同じ部屋にいるのだろうか。
あれどう考えても寝室だろうよ…
「私の扇、扇はどこ?」に毎度いちいち「知らないよぉ~…」って言いながら一応きょろきょろするキキジェラルドはいいヤツだなって思いました。
キキジェラルドはエンディング後も外に出て働く気は全然しないけど、おうちの中でジャッキーにパシられることは厭わない感じがする。飼い犬か!

いよいよパーティーの場面では下手から楚々とふたりで登場して、薄ピンク色のグラス(勝手にピンドンだと思ってる)で乾杯したあと周りのひとにご挨拶したり楽しげにお話したりしていて、これはもしや婚約破棄は内輪にしか公にしていないのではというカップルぶりだった。
他のゲストの皆さんも二人揃っていて当然のニコイチ扱いだったので、過去には幼なじみ婚として盛大に婚約パーティーでもしたのかなと妄想したりする。。。
ビルが葡萄食べ始めてからのジェラジャクの小芝居が可愛すぎて茶碗3杯はいけるのでぜひ皆さんご注目。

ランベスウォークのお話は先走って書いちゃったので飛ばして、お次は太陽がシャッポー。
何度もいうけどジェラジャク結婚しろよ!!!!!!!
昨夜さくら幻想曲を見ていて、キキちなの揃わなすぎるシンメに爆笑していたのですが、あれから1年経って随分と通じ合えるようになったんスね…
いやそれにしてもさくら幻想曲でのキキちなの息の合わなさまじで面白いからみんな見てw
ちなジャッキーさんあのお帽子がとっても似合うのでそれだけでも見る価値を感じるんですけど、この人Aパターンではれいジャッキーの横でタップの男してるんだよなと思ったら、同じ曲で立ち位置あんまり変わらないのに男女で振りはまったく違うって凄い大変だったろうな~って尊敬しちゃう。
Aパターンのとき相手役がみれいちゃんなのだが、Bパターンでは美しいお姉さまとしてみれいちゃんと微笑ましく接しており、アーネストのいう「おねぇさま~!いもうと~!」みたいな姉妹感あった。バラの国の王子新公のちな長女&はー次女を思い出した。
タップ踏んでる脚が長すぎて持て余してて縺れないか真剣に心配しながら見ています。
この場面でジェラルドと組んでるとき、「わ~キキちゃんってあのサイズ+あのタップシューズのヒールでも明らかにちなジャッキーより大きくてすげえ~」って思ってたんですけど、舞台写真をよくよく見たら、ちなさんの膝折り芸が炸裂していただけだった。笑
アンタよくあんだけ膝曲げたままでポーズしてられたな!っていうハイレベルな膝折り芸だったので今度観に行ったときはしかと目に焼き付けて勉強しようと思います。

太陽がシャッポー後のジェラルドの「好きだー好きだー」攻撃をガン無視した「あの女は賢いわ!」のくだりもいいけど個人的には何故か打率がやたら低いクロッケー退場がとても好き。
脚が長すぎて床が遠くてよく見えないのかな…
二人して「ウィリアム」が言えない呪いにかかって噛み倒して、ほっぺたバチンて叩いたれいちゃんとクロッケーの棒で自分のデコを叩いたマイティのレポも可愛かったですけど、クロッケー失敗するたびに恨めしいしょんぼり顔で振り返るキキちなも可愛いよ。尊いね。
やったことないからわかんないけど、クロッケーって難しいのかね~。
私1回しかしくじったところ見てないけど、あんな完璧レディを装っているジャクリーン様が実は運動神経ポンコツだったら可愛いと思うのでもっとしくじってほしい。

ご先祖コーナーのあとの一家集合では特にコレと言ったジャッキーの見所はないのだが、れいパーチェスターを見るちなジャッキーを見る限り彼女があんまりパーちゃんのこと好きじゃないことだけはよくわかった笑

さて、街灯に寄りかかったビルがべろべろになって帰ってきたお邸ではジャッキーがそれはそれは可愛いオレンジのドレスで優雅に踊ってるんですけど、なんであのキメポーズの写真売ってくれないんですかね?????理解に苦しむぞ!!!!四つ切り買わせろよ!!!!!!
ピンクのワンピときんきらのパーティードレスとオレンジのドレスとウエディングドレスの4着の中だったら断然オレンジのドレスが好きです!
やっぱりプロポーズされるにあたって一張羅を…(違う)
これまでのシーンに比べるとジャッキーのツンツンぶりがピークに達している感じだったのが、ビルがジェラルドの借金をぜんぶ返してくれたとわかると結構すぐご機嫌になっていったので、Bパターンはやっぱり借金さえなければジェラルドと結婚出来る気まんまんだったのでは・・・
その後ビルにこっぴどくフラれるジャッキーのワナワナしてるおてての拳がめっちゃ男前で、そんでもってビンタの仕方に瞬間的にリアムくんが降臨していて異様に鋭いw
でもぷりぷり怒りながら退場していく姿のょぅι゛ょみは安定のそれなのでやっぱり可愛いのでした。
からの「Oh~~~~~」の話はどうコメントしていいかわからないので割愛。あれはどういう顔で受け止めていいのかまだわからないw
んで、だれも想像できない何かがあって婚約しなおしたらしい二人がその後ず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っとイチャイチャしていてすごい。
あそこの小芝居も日によっていろいろだったけど、一番好きだったのはジェラルドが指輪を差し出した瞬間に宝石の数を数えだして(ちなみにその日は7個だった)、合格ね!って顔して左手を差し出したものの、ジェラルドがおててブルブルしてうまく嵌められなくて、イラっとして自分から手を突っ込んでドヤった回でした。
指輪をもらった後はお澄まし顔(しかしずっとジェラルドの腕に絡みついてる)で、その後ジョン卿に言われてジェラルドがビルを呼びに行って置いていかれたときはちょっと拗ねて、からの指輪を高くかざしてご満悦な顔をするなどして本当に本当に可愛かった…!
サリーがやってきたときの「えっ?!」って顔から、ビルとサリーが扇越しに話を始めてハッピーエンドの予感に俯いてふわりと笑うところへの変わりようは久々に淑女っぽかったですけど。
ちなジャッキーさんは貴族の令嬢という立場にこだわるあまりに、素直に生きられないし、そういう立場を考えて振る舞うことを受け入れられているから大人だけれど、性根は欲求に素直という意味合いにおいてとても幼かったなあと思います。
見た目のオトナっぽさに反して内面が幼いのが良い味だったなあというか。
とりあえずとてつもなく可愛かった!!!!!ボキャ貧!!

フィナーレでの最後の最後、3カップルがそれぞれ寄り添ってる時のジェラルドとジャッキーのこの世の春っぷりの凄さにBパターンはビルサリーのことが終盤まったく見られないという悲しみがありますが、本当に楽しいミーマイなので、開幕前の「またミーマイかよ・・・今更かよ・・・」っていう私のような人にももったいないから見て!と言いたい。
Bパターンは新しかった!それが良いか悪いかは人によって変わるところだと思うけれど、私のように「またかよ…」と思った人にはぜひ見てみてほしいところ。
安定のミーマイに安心するひとにはAパターン、またミーマイかよのひとにはBパターンをおすすめ。
東宝はいまのところ7回かな?しか見に行けないですが、ダイジェストでしか残らないBパターンをしっかり味わってきたいな~と思います。