ぱられるぱられるルルルルルー

プリンセスたちを応援しています

鳳月杏ジャーノンに花束を(あげたい)

も~う!
とっても!ほんとに!困ったことに!┐('~`;)┌
(レインさんの困り顔でどうぞ)
ちなジャノンさんがカッコよすぎて仕事に手がつきません!
(嘘です。仕事はめっちゃしました)

いや~もう本当にカッコ良かったのちなジャノンさん×音くりセシリィ。
はるばる名古屋まで行って本当に良かった。
月末でさえなければ金曜から行きたかった…くそう……。

そんなことはさておき。
ちなジャノンさんは、予想の更に上を行くカッコよさでありました…うっとり…

まず1幕。
執事のレインさんと借金の取立ての皆さんでの大騒ぎの後、だるだるパジャマと股引みたいなやつとナイトキャップで現れたちなさん。
寝ぼけ顔がかわいい(というか素のときの顔に限りなく近い)
ナイトキャップをぺいっと取った中からコンニチワしたボサボサ髪!直立!w
タカラヅカニュースにてみりちゃまが「キキちゃんとちなつは整髪料が違うのか髪質が違うのか、すんごいボサボサになる」って言ってたのを既にこのあたりから思い出しソワソワした。

「きゅうり買えたぁ?あ、そう」
「まだ眠いから寝る。。。」
3つしか台詞を話していないというのに!ま~~~~かわいいけどなんかエロいことといったら!

キキアルジーは本当に食いしん坊の寝ぼすけ貴族って感じがしたけど、ちなジャノンさんは多分夜遊びしてたせいで眠いんだなって感じであり……
「まだ眠いから寝る」ぽてぽて…って可愛くあんよしているのに中指に燦然と輝くゴールドの指輪がやらしくて眠いでちゅか~可愛いでちゅね~とかまったく思えなかった。それどころではなかった。

ちなジャノンさんがもうひと眠りしてお着替えしている間、ようやく主演のトップコンビが登場。
みりかのコンビの一番の当たり役はアーネスト&グウェンドレンだと思っているので、ちなジャノンさんが出てこない場面もこれまた楽しかった。
みりちゃまアーネストと執事のらいらいの掛け合いも面白い。
この二人、ギャクセン的な意味で結構相性がいいような気がするんだけどな~

そしてもう一方での花乃ちゃんグウェンドレンとマリアじゅりあも本当にかわいい~。
じゅりあ姐さんの三つ編みおさげメイド姿がなかなかに尊い。可愛い。
謎のずーずー弁もこれまた可愛い。

花乃グウェンドレンさんの帽子♪帽子♪ほど可愛い歌を私は知らない。
あれは可愛いが過ぎる。
あのキュウリサンド色の衣装が似合いすぎているのよ花乃ちゃん。
そんなあまりの可愛さに双眼鏡でロックオンしたため、キキレインさんの超きゃわな(はずの)帽子のダンスは見逃しました。
翌日のちなレインさんのはばっちり見た。可愛いが過ぎた。レインさんって設定年齢いくつなんだよ…

その後はまりんママが登場したり、みりかのが遠隔でイチャついたりいろいろありましたが長いので割愛。
花乃ちゃんがまりんさんとハケるところの天使みたいにパタパタ飛んだり、泳いだりスキップしたりのアドリブは毎回可愛かったな~。

さてさて、私的には一番といってもいいくらいに楽しみにしていたみりちなキュウリサンドのシーンですよ!
どう感想を言おうとしても「はわわ~~~~~」しか言葉が出てこない。
長く同じ組ですくすく育ったせいなのか、息の合いようが寸分たがわずで、そしてみりちゃまもvs星組育ちのクソ度胸(褒めてる)キキちゃんの時とは気の持ちようが違うのか、隙あらばイジろうとしてくるw
キキアルジーには終始振り回されっぱなしのアーネストさんも、気心知れたちなジャノンさんには上からいったので笑いました。
ソワレの時だったか、
「1個だけワサビ入ってるらしいよ、さっき向こうで言ってたよ」
「?!………(無言でキュウリサンドを差し出す)」
「(食べていいの?ワァーイ)」
「(自分で食べる)」
>>>>>食わせねえよ<<<<<
っていうやりとりでは、仲良しぶりがとても伝わってきてほっこりしました。
そしてアーンしてもらったのに食べさせてはもらえなかった後に椅子から降りてしゃがんで膝を抱えてちんまくなる(ならなくてもちんまい)みりちゃまを不敵に、しかしとてもうれしそうにニヨニヨ眺めながらもぐもぐしてるちなさん、とても面白かったです。
星組ほどの派手さはないけど、オモシロに命を懸けている月組で育った感がよく出ていたw

「親愛なるジャックおじさまへ。小さなセシリィより」のシガレットケースを取り合う場面も洗いざらいしゃべってからのバンバリーも息ぴったりで、キキちゃんに東上させてこのふたり主演でよかったじゃろ~~~~っていう呪いは強まった。
だってみりちなさん、声の相性すらばっちりなんだもの。
バンバリーの最後の娘役ポジのアーネストの笑顔の輝きが通常のみりおちゃんのそれの数倍だったのですごく闇を感じました。良いと思います。
そのくせ、その後のちなジャノンさんと腕を組んで歩くところは頑として譲らずに男役をやるみりおちゃん。
一回りは大きいちなさんが力技で動かそうとしたのに譲らない小さなみりちゃま。
なんやねんそのイチャこき。
このままではミーマイBパターンでは歴史上初めてビルがジャッキーとゴールインしてしまいそうで心配です。
無いか。
そうそう、「親愛なるジャックおじさまへ。小さなセシリィより」ってぶりっこ声でしゃべってるちなさんの声が超~~~かわいかったぁ。
男役声だとあんなにイケボなのに不思議だねえ。

そしてお待ちかねのまりんママ&グウェンドレン登場。
出迎えがしらに「いいこにしてる?」「…元気にしてますぅ」っていうやりとりをするちなジャノンさんが夜遊びしまくってるから寝ぼすけなんだ!という確証を得てしまえるくらいに悪そうでした。
役替わりトークでキキちゃんに「悪そう」って言われてたの納得した笑
そして相変わらず金の指輪がえろい。

キュウリサンドがもうない!っていうシーンでは、執事キキちゃんがすごい目で見ながらハケていって大笑いした。
翌日は執事ちなさんがキキアルジーにお前が食べたんだろと疑いを向けられるというアドリブがあり、キキちゃんの高すぎるギャグセンに感動しっぱなしだった。
しかし執事キキちゃんのメイクという表情の作り方といい、紅ゆずる力が高すぎていてオイオイとは思った笑

トップコンビのオモシロすぎるプロポーズと強すぎるまりんさんを終えて、ちなジャノンさんが戻ってきて、パーンパカパーン♪と歌いながらアーネストに激突するところ、少女vs壁みたいでそれだけで笑ってしまった。
小さなみりりん。。。。。。
親愛なる壁ジャノンさんへ。小さなみりりんより…

さてさて、グウェンドレンがやってきて「アルジャノンちょっとあっち向いてて!」って言われてからの壁&ちなさんの小芝居が超良かった!!!
そもそもの立ち姿が異様にカッコいい人なので、ただ立ってるだけではわわ?(ウットリ)って感じなのに更に小芝居のおまけ付きでもうおなかいっぱいであった。
個人的にはグウェンドレンとちなジャノンの仲良しだからこそ扱いが粗雑!って感じと年齢設定がよく分からないけれどちなジャノンがちょっとお兄ちゃんぽいところがツボだったので、いつか本公演でもそういう役があったらいいのにな~なんて思ったりするのでした。

「たいてい男から歌いだすんだ┐('~`;)┌」ってな言い方が2幕の自分とセシリィの子どものようにと良い対比だったなあ。
さすが計算の細かい芝居をする(しかし余計なことはしないbyハリー)ちなさんである。


1幕だけで胸いっぱいで迎える2幕。
はじめまして音セシリィ。
今回のしろきみちゃんセシリィは見ていないので去年のそれとの比較になるけれど、しろきみちゃんセシリィより落ち着きが足らないおてんばな幼さが私のセシリィ像にはぴったり。
ただしちなジャノンさんがキキアルジーより大人なビジュアルなため、ロ●コン臭は凄かったw
お歌が上手とは前々から聞いてはいたけれど、すばらしい伸びやかさで、聴いていて心地の良い声だった。
「悪いひと」はナンバー自体が好きなので楽しみにしていた分どきどきもあったけれど、ちな×くり寿の相性もすこぶる良くて大満足の出来だった!
くり寿ちゃんをヒョイと持ち上げるちなさん見ながら、役替わりトークでの「持ち上がらない」を思い出して笑ってしまった。
うん、ちなキキどっちもセシリィにはなれないと思う、持ち上がらないからw
いやはや役替わりトーク、役替わり公演を見てから見た方が楽しいな~。

受けるお芝居が得意のちなさんと、経験の浅さなのか役作りなのか、はたまた本人の性格なのか(笑)やや前のめりな音セシリィはそのテンポの違いも含めてとてもかわいらしかったな。
心得ていらっしゃる方の紳士のちなジャノンさんと、どちらかといえば何もご存じない紳士のアーネストによるセシリィ観の違いがよく出ていて良かったと思う。
しろきみちゃんのセシリィはアーネストが思うセシリィ寄りだなと思っていたので。小さな貴婦人というか。

花乃ちゃんとくり寿ちゃんのやりとりもキャラクターと年齢の違いが良い風に作用してとてもコミカルで可愛くてたまらなかった~。
あと、1幕でみりアーネストがちなジャノンさんに「おねえさまぁ☆妹ぉ☆って~」って言ってた場面と言い方が似すぎていて、いろいろあるけどみりかのちゃんもちゃんと夫婦だなあとしみじみしたりした。

マフィンの場面では、どうにもあの可愛かったヤマネを思い出さずには居られなかった…可愛いよヤマネ…いまだに時々見ちゃうよヤマネ…
私が見た日はたまたまうまくマフィンが割れた日だったのでスムーズだったけれど、どうやらキキちなどちらもマフィンが割れなくて大変だったそうですね笑

んで!!!バカップル×2の仲直りのあと、
グウェンドレン「キスしていいわ」→アーネストはデコちゅー
セシリィ「キスしていいわ?」→アルジャノンは口にちゅー!のところ!!!
今すぐ思いきり床をバンバン殴らせてくれ!!!って感じでした。
身長差がものすごいので、かなり屈んでちゅーだったんだけどそれがまたなんかえろくてカッコよくてだな。
ちなさんの大きいおててとくり寿ちゃんのまあるいぽっぺたとのコントラストと、屈みっぷりと、セシリィのぴよぴよする左手!
殺す気か!!!!!!!!!!!!!!
ちなジャノンさんは心底手が早そう。かといってそんなにチャラくはなさそうなのがまた良い。
イメージ的には人妻と遊んでそうな感じかなあ。
キキアルジーは若いお嬢ちゃんと遊んでそうだけど、ちなジャノンは人妻を転々としてそう。
人妻を転々として楽しんで泣かせまくっておきながらロ●と結婚するってホンモノの悪いひとだな!w
そもそも自分がデカいために屈まれてちゅーされるというのに異常な憧れがあるので、本当に良い物見たなって思いました。2回噛み締めた。

その後のvsブラックネル夫人のところでは、セシリィにいちいち説明する小芝居やら、ブラックネル夫人から守るかのように自分の後ろにふわりと誘導するしぐさやら、そういう細かいところがとてもジェントルで貴族でノーブルで、あ~~~~ちなさん~~~~ってなりました(ボキャ貧)。

そしてアーネストが実は兄だったことが分かって抱き合って泣くところ、兄弟感出すぎである。
そして体格差がすごい。
腕の中すっぽりサイズ系トップスターみりちゃま。
ちんまりしていて可愛い上に、ねえねえ!と声をかけられた後の「…ハッ!…グウェンドレーン」がデレすぎていてお顔がとっても可愛かった。
はなまるをあげたい。

クライマックスに向けては、最後の最後にカマされたアルジャノン×セシリィのほぼ真横アングルからのちゅーの破壊力が凄すぎてすべて吹っ飛んでしまったので覚えておりません……
いや、だから、あの、なんなの、キスシーン上手すぎでしょう……見ろよみりちゃまのいまだもってなんかちょっと覚束ないキスシーンを!!!!!!!ペロかわいいだろ!!!!
ちなジャノンさん、ちょっと本当にキスシーン上手すぎていまさらながらスターダムにキスシーンなかったことを呪い始めるレベルの大事件。
上手すぎて、あれ実は本当にしてましたと言われてもハイそうですかって答えてしまうくらいのすごさであった。
キスシーンといえば、ノクターンでのアキラときらりちゃんがズバ抜けてすごかった覚えがあるんですけど、マイスターの教えによればアキラ様なんとあれが初めてのキスシーンだったそうな…まじかよ…
そういえば、Melodiaのスペインの女ちなさんにキスを迫るかれーちゃんも上手でしたね。
そしてちなさんのかわし方もまたお上手でした。
ショーでみりおちゃんとキスするのが恒例だったかれーちゃん、どうぞ次はちなさんとひとつ(提案)。

話が逸れまくったのでいい加減に軌道修正して、フィナーレに今回から追加になった燕尾!!
みりちゃまひとりの板付きから始まって、キキちゃんが出てきて、ちなさんが出てきて、なんというゴージャス感か。
ちなジャノンさんはアーネストに前髪くちゃくちゃにされたあとなのでちょっとリーゼントが緩めで、ハラリ髪があるんだよ~~かっこいいんだよ~~~
いつも割ときちっと固めているように思うのでとってもレアだなと思ってうきうきでした。
次はミーマイだし黒燕尾はしばらくお預けかしら…しょんぼり。
ミーマイのフィナーレどんなだったかさっぱり記憶がないので推測で書いていますがw
そしてジャッキーやったときは黒燕尾があったとしても出るのか?!出れないのか?!
もう考えること多すぎて疲れるのでこの話題はやめよう笑

フィナーレは残念ながらちなさんはあまり出番がなかったので、他の人のことを書こう。
ロケットのところは直前に階段から降りてくる夕霧×花野ペアがとっても良かった~!
この二人もゴールデンペアって感じがして私は好きです。
リフトもとっても軽やかできれいでした。
2組のデュエダンはきれいだったけど、いやこれは3組にしてくれてもいいじゃんよ…っていう呪いと邪念が抑えきれずにギリギリしたのでもう知りません。
宙組だって(大劇場公演だけど)3組でデュエダンしてるじゃんよ…ぐすんぐすん。

アーネストのパレードは曲が可愛いしみんな衣装が素朴だけど可愛いのでとても好き。
シャンシャンを持ってないときの男役さんの挨拶を見るのが好きなのでそれも楽しかったな~。

いろいろと呪いポイントはありましたが、総じて見るととっても楽しくハッピーな観劇でした。
またやってくれていいよ~~~~~~~!!!!
出来れば月末月初以外で頼むぜ~~~~!w
ひとまずせっせとスカステに役替わり公演放送してくれっていうメールを出そうと思います。