読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱられるぱられるルルルルルー

プリンセスたちを応援しています

NIGHTMAREとLSNの使い分け

TOUR 2014「TO BE OR NOT TO BE:That is the Question.」@鎌倉芸術劇場以来おおよそ2年近くぶりにNIGHTMARE本体のライブ@クラブチッタ川崎に行ってきた!

昔から変わらずに楽しい部分と、あーやっぱり変わるもんだな~って思う部分とどっちもがあって、でも私ももういい大人なので、それに対して特にどういう感情もなく、ああこういう風か~とだけ。
熱いメンタルを持っていた昔ならきっと、いろいろ言ったと思うんだけど(笑)

ただの体感値であって、実際に数を数えてみたら昔と比率は変わらなかったんだけど、なんとなくまたNIGHTMAREというバンドが咲人楽団になってきてるな~と思った。
これはあのバンドのおもしろいところのひとつで、今までにも何度となくそういう波があったんだけど、世間に対してバァーンと漕ぎ出していくときは瑠樺さんの色が強くて、そうやって獲得した市場が成熟してくると咲人の色が強くなっていく傾向があるような気がする。
だから今はどこぞで獲得してきた人たちが成熟のときを迎えたとこなんだろうな。

別に私も咲人のことが嫌いなわけではないので、おおそういう時節か~とふむふむ見ているし、いずれまた瑠樺さんのターンが来るのも分かっているのだけれど、このところLSNにだけ行っていた私としては久々にNIGHTMARE本体を見ると「瑠樺さん単品をめいっぱい楽しむならやっぱりLSNだな~」と思ってしまったのであった。

もちろん私はNIGHTMAREの瑠樺さんだから好きなのであって、メアよりLSNやってよ!と思っているわけでは決してないのだけれど、やっぱり咲人色濃い目期間はそうでないときよりは冷静である。これはもう仕方がないw

NIGHTMAREっていうバンドが、メンバー内で切磋琢磨してよりイイモノを作ろうとしてくれているのはよくよく知っているので、その結果として瑠樺さんの色が薄めになるときがあるのは当然だと思う。
古い話だと、animaのころの咲人1本でやってます!感すごかったけど(アルバムの8割が咲人作曲だった)、私はanimaはものすごい名盤だと思っていて、今も一番よく聴く。

それと比べてLSNは瑠樺さんがやりたいようにやればいいソロユニットだから、こちらとしても参観日の気持ちで「ああウチの子ってば今日ものびのび遊んでるわあ」ってほのぼのしてるだけなので私はとっても楽しい。
あとはよみさん以外のボーカルだとメロディーラインはこうなるんだ、とかいつもよりポップでキャッチーだなとか、知らない引き出しも見えて楽しい。
ついでにRenyがきれいで見やすいから好き。
悪いけどドラムのファンにとってはなかなかの死活問題だからコレ。
ちなみに昨日は瑠樺さんのおデコしか見えなかったよ!よっ!海坊主!

今LSNがなくて、NIGHTMAREがこの状態だったらしばらく行かなかっただろうなと思うんだけど、2つがあるからどちらもそれぞれで楽しみたいなと思えるので、ソロワークというのも良いもんだなあと思いました。
ついつい解散や脱退のイメージがちらつくけど、あの人たちはそうはならない気がするのでね。

こないだの東北ツアーがどう頑張っても行くべきだったツアーすぎて、今ツアーも期待してたし、我々のようなBBA以外もなんだかんだいってジャイを待ってることが分かったので、また気が向いたらああいう懐古セトリもやってほしいなと思いました。チャン。
今の曲もかっこいいけど、ちょっとは古株BBAにも餌くれよ!w

余談。
現在NIGHTMAREでソロワークを並行してやってるのは瑠樺・柩の上手コンビですが、この二人どう頑張ってもKAT-TUNにおいてのOXYでしかないというか、瑠樺さんが基本的に赤西くんすぎるし(※本人はやまぴーが好きだし顔もやまぴーに似てると思ってる)、柩くんなんてもう本当どこをとっても聖すぎる人格なので、やっぱりどこのグループにいてもこういう人たちは個性と人格の強さゆえに、グループ外でのソロ活動に向いているのだろうかとは思う…
INKTとNIGHTMAREの対バンを私は待っているよ……