読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱられるぱられるルルルルルー

プリンセスたちを応援しています

ミュージカル「ハートの国のアリス」ブラッドEND

スペース・ゼロにハートの国のアリスのミュージカルを観に行ってきました~。

ものすごく昔にゲームをやった覚えがあるのですが、まあ話もキャラもぼんやりしか覚えておらず、そのまま行ったので今ちょっと後悔しているところ。

何故かというと、

ストーリーってなんだ??????!!!!!

という、まさに2次元ミュージカルの極みなキャラ萌え舞台だったからです。

 

いや、そもそもあんまり期待もしていなかったので、思っていたよりは良かったのですが、結構な人数で歌わせちゃだめだろな人が存在していたこともあって、これリピるのつらいなあ…としみじみ思ってしまう感じの仕上がりでした。

ビジュアルはどこを見ても綺麗だし、アドリブやギャグシーンはやたら面白かったんですけどw

 

2次元ミュージカルの俳優さんたちって一体何を求められているのか??というところを真剣に考えると、「成功=キャラとの憑依」は果たして彼らの人生においては成功なのかという大いなる矛盾が存在すると思うんですね。

それをひしひしと感じながらの観劇となりました…

とは言いながら、私は全く顔はタイプじゃないのに何故か碕理人応援BBAとして息をしているので、これからも2次元ミュージカルやるなら行きますよきっと…w

 

他に特筆すべき事項としては、ビバルディ役の石井美絵子さんが歌はうまいし美人で脚も綺麗でひたすら最高だったので、ついつい帰り道にググったところ、まさかのOggi専属モデルさんで驚いた。

彼女の歌はちゃんとプロだったので、またどこかで聞ける機会があるといいなあ。

いや~私好みの美人さんだった。

ブラッド回だったので、カーテンコールの立ち位置はセンターがブラッド&アリスで、アリスの隣にエース、そのお隣にビバルディという並びだったのだけれど、エースとビバルディが2人できゃっきゃとはしゃいでいて眼福だった。

思わず両手を合わせて拝んだ。

友達に笑われた。

 

今日のエースENDは行きた過ぎてうっかり暴走しそうになったのですが、よく考えたらちょっともう1回歌聞くのはつらいって人が居過ぎるなと思ったので、おとなしくニコ生タイムシフトにしました。

アリスっていう分かりやすい&記号的モチーフがある素材の舞台だけあって、衣裳やセットや音楽自体はよかったので、あとは演者の問題ってところかな…

最近、舞台を観に行くと、花組エリザの歌唱力レベルがいかに高かったか思い知りますね。

みんながみんな歌の天才ではなかったけれど、全体のレベルが高め安定だったというか。

それが理想的な形だなあ~と思うのでした。